離婚公正証書・離婚協議書作成は行政書士へ

 

離婚協議書(合意書)は公正証書にすることが大切

 

 

子供の養育費などは支払いが長い年月にわたりますから、その間に養育費が自然に支払われなくなってしまうこともよくあります。

 

そのような場合に備えて、約束が守られなかった時にすぐに強制執行が出来る公正証書の作成を強くおすすめします。

 

 

公正証書とは、公証人と呼ばれる法律の専門家が作成する、公的な証明力のある文書です。

 

裁判の判決と同様の執行力を持っています。

 

 

 

この公正証書に、金銭の支払を怠った場合には強制執行を受けても異議はないという趣旨の文言を入れると、約束が守られなかった場合には、裁判所で裁判を起こさなくても相手の財産に対してすぐに強制執行がかけられ、財産を差し押さえることが出来ます。

 

つまり、公正証書で約束した養育費慰謝料財産分与の支払を期限内に支払ってくれない時は、勤務先の給料などを差し押さえることが出来るということです。

 

また、約束の内容を公正証書に残しておくことで、相手にとっては大変なプレッシャーになり簡単に約束を破られなくなるという効果もあります。
 

 

  【公正証書の特徴】       
 
  書類の内容、保管に安全性がある
                      
 強力な証明力がある
                      
 裁判所の判決と同様の執行力を持っている
      

 

 

     

   

公正証書による強制執行とは?

公正証書などの債務名義をお持ちでない場合、相手の財産や給与を差し押さえるのは大変な作業です。


まず、支払いが滞ると、裁判を申し立てます。そこで勝訴すると判決書が作成されます。その判決書をもとに相手の財産を強制執行できるようになるのです

 

裁判を申し立てるには、弁護士費用が○十万円もかかりますし、時間もかかり、大変な心労を伴います。

 

が、離婚時に公正証書を作成しておくと、複雑な手続きを踏むことなく(裁判を経ることなく)、相手の財産を強制的に取り立てることが出来ます。

 

 

養育費や婚姻費用の場合、支払いが滞ると、一回の手続きで将来分まで強制的に相手の財産を差し押さえることが可能です。

 

つまり、支払いが滞るたびに、何度も強制執行の申立てをしなくても、一度申立てをすれば、その後は毎月強制的に養育費の取立てが出来るようになりますので、安心です。

 

 

 

 

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

口約束は厳禁! 約束事は書面に残しましょう。

 

協議離婚の場合には当事者しかいませんから、トラブルも起きやすいです。


相手を信用して口約束だけはやめましょう。


離婚の際には、約束した取り決めを必ず文書に残しておくことがとても重要です。

  

 
相手に給与や賃料など継続的な収入がある場合は、この財産差し押さえの手続きは大変有効な手段です。
 

特に、支払が長期間に及ぶ養育費の取り決めをした方や、金銭の支払いを分割払いにした方は、今後支払いが滞る可能性がありますので、公正証書の作成をしておいた方がよいでしょう。

 

 

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
   

離婚相談、離婚協議書、離婚公正証書に関するお問合せ

【全国対応】 遠方の方、お時間のない方でも、ご依頼いただけます。

メールや郵送などのやり取りにより、当事務所へお越し頂く必要なく、離婚公正証書の作成が出来る体制を整えておりますので、どうぞ安心して、ご相談ください。

離婚公正証書について、ご質問、ご不明な点がありましたら、お気軽にお問合せください。

また、離婚協議書、公正証書に記載する養育費、慰謝料、財産分与などについての、ご質問、お悩みなど幅広くご相談に応じております。

まずは初回無料メール・ファックス相談からどうぞ→お問合せ

 

 

 

 

 

 

 

女性行政書士の離婚協議書作成は全国対応・・兵庫 神戸 中央区 兵庫区 長田区 須磨区 北区 西区 灘区 東灘区 明石 芦屋 西宮 伊丹 宝塚 加古川 姫路 尼崎 三木 小野 三田 高砂川西 京都 宇治 亀岡 奈良 大和郡山 天理 大阪 東大阪 神戸市 堺 豊中 池田 吹田 寝屋川 北海道 札幌 函館 青森 岩手 盛岡 宮城仙台 気仙沼 秋田 湯沢鹿角 山形 米沢 鶴岡 福島 会津若松 郡山 伊達 茨城 水戸 日立 龍ヶ崎 栃木 足利 宇都宮 日光 大田原 群馬前橋 桐生 伊勢崎 埼玉 春日部 さいたま 所沢 越谷 富士見 千葉 船橋 銚子 木更津 成田 習志野 柏 市原 我孫子 安浦 東京 千代田区新宿区 渋谷区 豊島区 文京区 台東区 杉並区 世田谷区 大田区 港区 江東区 江戸川区 足立区 目黒区 中野区 荒川区 板橋区 練馬区 葛飾区品川区 墨田区 八王子 立川 武蔵野 三鷹 府中 昭島 調布 小金井 町田 日野 国分寺 国立 狛江 東大和 多摩 東村山 清瀬 東久留米 青梅福生 羽村 あきる野 神奈川 横浜 平塚 鎌倉 藤沢 川崎 横須賀 相模原 小田原 岐阜 山梨 甲府 長野 松本 新潟 長岡 富山 石川 金沢能美 福井 敦賀 越前 静岡 浜松 熱海 磐田 袋井 掛川 湖西 清水 藤枝 藤枝 焼津島田 菊川 富士 富士宮 沼津 裾野 御殿場 伊豆 御前崎 牧之原 愛知 名古屋 豊橋 三重 津 四日市 滋賀 彦根 大津 近江 和歌山 岡山 倉敷 広島呉 山口 下関 鳥取 米子 倉吉 島根 徳島 高知 香川 高松 愛媛 松山 福岡 九州 久留米 長崎 佐世保 佐賀 宮崎 熊本 大分 鹿児島沖縄

お問い合わせ

 

離婚公正証書・

     離婚協議書事務所

 

運営:

行政書士酒井志保法務事務所

 

℡:053-443-7039

 

営業時間:10:00~19:00
    (平日のみ)

 

ご予約頂ければ時間外、土日も対応可能。

 

 

<お問い合わせ>

お問合わせはこちらから

 

 

 

 

 

 

女性行政書士の離婚協議書・公正証書作成は全国対応・・兵庫 神戸 中央区 兵庫区 長田区 須磨区 北区 西区 灘区 東灘区 明石 芦屋 西宮 伊丹 宝塚 加古川 姫路 尼崎 三木 小野 三田 高砂川西 京都 宇治 亀岡 奈良 大和郡山 天理 大阪 東大阪 神戸市 堺 豊中 池田 吹田 寝屋川 北海道 札幌 函館 青森 岩手 盛岡 宮城仙台 気仙沼 秋田 湯沢鹿角 山形 米沢 鶴岡 福島 会津若松 郡山 伊達 茨城 水戸 日立 龍ヶ崎 栃木 足利 宇都宮 日光 大田原 群馬前橋 桐生 伊勢崎 埼玉 春日部 さいたま 所沢 越谷 富士見 千葉 船橋 銚子 木更津 成田 習志野 柏 市原 我孫子 安浦 東京 千代田区新宿区 渋谷区 豊島区 文京区 台東区 杉並区 世田谷区 大田区 港区 江東区 江戸川区 足立区 目黒区 中野区 荒川区 板橋区 練馬区 葛飾区品川区 墨田区 八王子 立川 武蔵野 三鷹 府中 昭島 調布 小金井 町田 日野 国分寺 国立 狛江 東大和 多摩 東村山 清瀬 東久留米 青梅福生 羽村 あきる野 神奈川 横浜 平塚 鎌倉 藤沢 川崎 横須賀 相模原 小田原 岐阜 山梨 甲府 長野 松本 新潟 長岡 富山 石川 金沢能美 福井 敦賀 越前 静岡 浜松 熱海 磐田 藤枝 愛知 名古屋 豊橋 三重 津 四日市 滋賀 彦根 大津 近江 和歌山 岡山 倉敷 広島呉 山口 下関 鳥取 米子 倉吉 島根 徳島 高知 香川 高松 愛媛 松山 福岡 九州 久留米 長崎 佐世保 佐賀 宮崎 熊本 大分 鹿児島沖縄

浜松市・静岡市・豊橋市・磐田市・袋井市・掛川市・湖西市・清水市・藤枝市・焼津市・島田市・菊川市・富士市・富士宮市・沼津市・三島市・裾野市・御殿場市・伊豆の国市・伊豆・御前崎市・牧之原市・静岡県【全国対応】の離婚相談→行政書士酒井志保法務事務所