別居について

「離婚前に別居してしまうと不利になる」と思っている人も多いと思います。

 

正当な理由もなく、一方的に勝手に家を出て行ってしまうのは問題がありますが、夫婦合意の上で別居する場合には、別居そのものが法的に不利な影響を与えることはありません。

※正当な理由がある上での別居は、問題ありません。

 

確かに、別居から離婚に至るケースも多いのですが、中には冷却期間を置くことで、お互いにやり直そうという気になるケースもあります。


十分な決心もつかないうちに離婚に踏み切るよりは、双方合意の上で別居してみるのもいいかもしれません。

 

 

ただ、別居中だからといって異性と遊んだり、羽を伸ばすような行為は慎むべきです。

 

別居中に、出来る限り円満な夫婦関係に修復出来るように、努力を怠らない姿勢が重要です。

 

しかし、どうしてもこれ以上夫婦関係を続けられないと思うようであれば、今後のことを考え、離婚に向けての準備を始めていかなければなりません。

 

婚姻関係が破綻した後の不貞行為は慰謝料を請求出来なくなるため、今後慰謝料の請求をお考えになっているようであれば、離婚という言葉は使わず、「離婚のための別居」ではなく、あくまでも「結婚生活を継続して修復させるための別居」と相手に伝える事が重要です。

 

 

 

 別居中でも生活費を請求出来ます!

 

婚姻中の夫婦には、婚姻費用分担の義務があり、これは別居中でも適用されます。


妻の経済力によってもらえる額は異なりますが、妻は別居中の生活費を夫に請求出来るのです。

 

別居中に受け取る生活費の額は、原則として夫婦の話し合いで決めますが、折り合いが付かない場合には家庭裁判所に婚姻費用分担請求の調停を申し立てます。

 

 

 金額は・・・

    夫婦関係の破綻責任の有無
    別居にいたった原因
    もとの夫婦に戻れる可能性があるかどうか

   

など考慮して算定されます。

 

ただし、どんな場合でも別居中の生活費を請求出来るわけではありません。

 

不倫をして出て行った場合、正当な理由もなく一方的に出て行った場合には、生活費の請求が認められなかったり、金額が減額されることもあります。

 

しかし、その場合でも、子供には責任はありませんので、婚姻費用の中に含まれる養育費の請求をすることは可能です。

 

 

 

別居中に生活費をもらっていない場合、過去の生活費も請求出来ますが、請求出来る権利は別居をした時からではなく、生活費を請求した時からの分をもらえることになっています。

別居をする前には、婚姻費用について書かれた合意書を作成しておくのがベストです。→別居合意書

また、現在別居中で、今生活費をもらえる権利があることを知ったという方も、すみやかに婚姻費用の請求をしましょう。→婚姻費用分担請求
 

 

 

 

別居中にやっておきたいこと

 

    冷静に今後のことを考える
    離婚の意思が固まったならば、離婚後の生活の準備をする
    養育費を毎月いくらと決めておく
    どちらが子供を連れて行くか(監護者)を決める
    面接交渉権を決めておく
    別居中の生活費はどうするか決める
    別居の期間を決める

 

 

3~7については、きちんと合意書として文書に残しておきましょう。

 

 


よく知っている人だから・・・、あの人なら大丈夫だろう・・・と思っていても、本当に約束が守られるのでしょうか?

 

別居中に、いつの間にか約束が守られなくなるケースが実状として多々あるのです。

 

 

また、口約束だけでは、後になって「そんな約束していない」、「勝手に家を出て行った」と言われかねません。


そうなると、離婚の時にとても不利になってしまう可能性があります。

 

 

 

別居中に不快な思いをしないためにも、ぜひ別居合意書を作成しておきましょう。


婚姻費用を請求するための証拠にもなります。

 

 

※ 別居が長期間にわたる場合には、公正証書にすることをお薦めしますです

 

 

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 

離婚相談、別居、別居合意書についてのご質問、申込はこちら

  

別居中なんですけど、婚姻費用はどれくらい貰えますか?

婚姻費用を相手に請求するにはどうしたらいいですか?   など、

 

その他、ご相談、ご質問、お悩み、不安なことなどありましたら、お気軽にお問合せください。


まずは初回無料メール・ファックス相談からどうぞ→お問合せ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性行政書士の公正証書・離婚協議書作成は全国対応・・兵庫 神戸 中央区 兵庫区 長田区 須磨区 北区 西区 灘区 東灘区 明石 芦屋 西宮 伊丹 宝塚 加古川 姫路 尼崎 三木 小野 三田 高砂川西 京都 宇治 亀岡 奈良 大和郡山 天理 大阪 東大阪 神戸市 堺 豊中 池田 吹田 寝屋川 北海道 札幌 函館 青森 岩手 盛岡 宮城仙台 気仙沼 秋田 湯沢鹿角 山形 米沢 鶴岡 福島 会津若松 郡山 伊達 茨城 水戸 日立 龍ヶ崎 栃木 足利 宇都宮 日光 大田原 群馬前橋 桐生 伊勢崎 埼玉 春日部 さいたま 所沢 越谷 富士見 千葉 船橋 銚子 木更津 成田 習志野 柏 市原 我孫子 安浦 東京 千代田区新宿区 渋谷区 豊島区 文京区 台東区 杉並区 世田谷区 大田区 港区 江東区 江戸川区 足立区 目黒区 中野区 荒川区 板橋区 練馬区 葛飾区品川区 墨田区 八王子 立川 武蔵野 三鷹 府中 昭島 調布 小金井 町田 日野 国分寺 国立 狛江 東大和 多摩 東村山 清瀬 東久留米 青梅福生 羽村 あきる野 神奈川 横浜 平塚 鎌倉 藤沢 川崎 横須賀 相模原 小田原 岐阜 山梨 甲府 長野 松本 新潟 長岡 富山 石川 金沢能美 福井 敦賀 越前 静岡 浜松 熱海 磐田 袋井 掛川 湖西 清水 藤枝 藤枝 焼津島田 菊川 富士 富士宮 沼津 裾野 御殿場 伊豆 御前崎 牧之原 愛知 名古屋 豊橋 三重 津 四日市 滋賀 彦根 大津 近江 和歌山 岡山 倉敷 広島呉 山口 下関 鳥取 米子 倉吉 島根 徳島 高知 香川 高松 愛媛 松山 福岡 九州 久留米 長崎 佐世保 佐賀 宮崎 熊本 大分 鹿児島沖縄

       

お問い合わせ

 

離婚公正証書・

     離婚協議書事務所

 

運営:

行政書士酒井志保法務事務所

 

℡:053-443-7039

 

営業時間:10:00~19:00
    (平日のみ)

 

ご予約頂ければ時間外、土日も対応可能。

 

 

<お問い合わせ>

お問合わせはこちらから

 

 

 

 

 

 

女性行政書士の離婚協議書・公正証書作成は全国対応・・兵庫 神戸 中央区 兵庫区 長田区 須磨区 北区 西区 灘区 東灘区 明石 芦屋 西宮 伊丹 宝塚 加古川 姫路 尼崎 三木 小野 三田 高砂川西 京都 宇治 亀岡 奈良 大和郡山 天理 大阪 東大阪 神戸市 堺 豊中 池田 吹田 寝屋川 北海道 札幌 函館 青森 岩手 盛岡 宮城仙台 気仙沼 秋田 湯沢鹿角 山形 米沢 鶴岡 福島 会津若松 郡山 伊達 茨城 水戸 日立 龍ヶ崎 栃木 足利 宇都宮 日光 大田原 群馬前橋 桐生 伊勢崎 埼玉 春日部 さいたま 所沢 越谷 富士見 千葉 船橋 銚子 木更津 成田 習志野 柏 市原 我孫子 安浦 東京 千代田区新宿区 渋谷区 豊島区 文京区 台東区 杉並区 世田谷区 大田区 港区 江東区 江戸川区 足立区 目黒区 中野区 荒川区 板橋区 練馬区 葛飾区品川区 墨田区 八王子 立川 武蔵野 三鷹 府中 昭島 調布 小金井 町田 日野 国分寺 国立 狛江 東大和 多摩 東村山 清瀬 東久留米 青梅福生 羽村 あきる野 神奈川 横浜 平塚 鎌倉 藤沢 川崎 横須賀 相模原 小田原 岐阜 山梨 甲府 長野 松本 新潟 長岡 富山 石川 金沢能美 福井 敦賀 越前 静岡 浜松 熱海 磐田 藤枝 愛知 名古屋 豊橋 三重 津 四日市 滋賀 彦根 大津 近江 和歌山 岡山 倉敷 広島呉 山口 下関 鳥取 米子 倉吉 島根 徳島 高知 香川 高松 愛媛 松山 福岡 九州 久留米 長崎 佐世保 佐賀 宮崎 熊本 大分 鹿児島沖縄

浜松市・静岡市・豊橋市・磐田市・袋井市・掛川市・湖西市・清水市・藤枝市・焼津市・島田市・菊川市・富士市・富士宮市・沼津市・三島市・裾野市・御殿場市・伊豆の国市・伊豆・御前崎市・牧之原市・静岡県【全国対応】の離婚相談→行政書士酒井志保法務事務所